セラミックの種類

自費診療(保険適用外)

項目 オールセラミッククラウン メタルセラミッククラウン
説明

すべて天然の功績であるセラミックで作られた差し歯。自然で透明感のある美しさはもちろん、金属を使用していないため、歯ぐきの変色や身体への悪影響がない。

金属にセラミックを焼き付けたもの。変色はほとんどないものの、長期間の使用で金属が溶けだし、歯ぐきの変色や退縮、金属アレルギーの原因にもなる。

美しさ

☆☆☆☆☆

☆☆☆☆

身体に優しい

☆☆☆☆☆

☆☆☆

強度

☆☆☆☆

☆☆☆☆

変色

口臭

なし

項目 ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミックインレー
説明

新素材のハイブリッドレジンが歯の全面、または一部をおおうもの。セラミックに比べて壊れにくい。従来の保険診療で使われるレジンよりもプラークが付きにくく、変色しにくい。

メタルインレーと違い周りの歯と同じ自然な色調が再現可能。セラミックのようにはプラークが付き難いわけではないが耐久性が強いので割れにくい。

美しさ

☆☆☆

☆☆☆

身体に優しい

☆☆☆

☆☆☆☆

強度

☆☆☆☆

☆☆☆

変色

☆☆

☆☆

口臭

☆☆

☆☆

保険適用診療

項目 パラジウムクラウン パラジウムインレー 硬質レジン前装冠
説明

一般的に銀歯と呼ばれている。金属が歯の全面、または一部をおおうタイプ。噛み合わさる歯が摩耗したり、プラークが付きやすいといったデメリットもある。

主に奥歯の詰め物として使われる銀色の金属。治療直後は、噛み合わせが良くても、金属の硬さで周りの歯が欠ける場合もある。汚れがたまりやすくなり、虫歯の原因にもなる。

金属にプラスチックを貼り付けた差し歯。前歯を作るときに使用するケースが多いが、変色しやすい。長期間の使用により金属が溶けだし、歯ぐきの変色や金属アレルギーを引き起こすことも。

美しさ

☆☆☆
身体に優しい

強度

☆☆☆

☆☆☆

☆☆☆
変色

☆☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆☆☆
口臭

☆☆☆☆

☆☆☆☆

☆☆☆☆☆

関連ページ

審美歯科症例

金属を使わない治療のご提案